平成28年度 四街道徳洲会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 19 51 56 125 211 368 545 611 251
当院を退院された患者様の年齢階級別(10歳刻み)患者数を表しています。当院では、80歳台が一番多く全体の約3割を占めています。近隣には在宅を担うクリニックや、福祉施設も多数あり、紹介で緊急入院するケースも増えてきております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 136 40.13 21.25 5.15 83.75
110310xx99xx0 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 93 26.38 12.43 1.08 79.12
050130xx99000 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 48 30.96 17.95 6.25 87.60
100380xxxxxxxx 体液量減少症 45 21.91 9.33 2.22 75.42
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし炎 45 10.53 5.5 2.22 55.33
誤嚥性肺炎・尿路感染症とも高齢の患者様が多く、両疾患とも年齢が上がるにつれ再燃や、他疾患を発症してしまう為に長期入院になってしまう傾向にあります。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 15 6.73 5.5 0 41.07
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2 なし 11 10.45 9.19 0 58.82
060090xx97xxxx 胃の良性腫瘍 その他の手術あり - - 5.44 - -
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 14.75 - -
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし - - 7.89 - -
腸炎等の疾患が多く、症状・経過に応じて必要な検査を行っております。また上記DPC以外にも、大腸腫瘍に対し、内視鏡にて切除術等も数多く施行しています。(短期滞在手術等基本料3にて算定)
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 12.59 9.93 22.73 76.68
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 21 31.29 20.57 4.76 77.10
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 9.00 9.08 0.00 58.70
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 手術なし 15 10.73 10.31 6.67 69.60
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 14 9.43 7.61 0.00 58.29
外科では幅広い疾患を受け入れていますが、特に多いのが胆のう結石(胆のう炎・胆管炎etc)になります。また平成28年度は常勤の整形外科医が不在だった為、胸・腰椎圧迫骨折なども外科にて対応していました。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 6.33 7.12 0.00 61.70
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 26 3.96 5.24 0.00 71.38
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 20 15.35 16.54 5.00 68.90
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 4.28 9.87 11.11 64.44
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 7.13 7.52 1.00 67.27
脳疾患後のてんかんや、精査等が必要な症状の重いめまい症が多く、次いで発症3日以内の脳梗塞に対し点滴にて脳塞栓治療薬投与や高気圧酸素治療などの急性期治療を行っています。また早期リハビリにも積極的に取り組んでいます。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx97xxxx 前立腺肥大症等 その他の手術あり 12 3.92 9.06 0.00 80.00
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし - - 15.07 - -
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.43 - -
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病 なし - - 5.25 - -
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患 手術なし - - 9.43 - -
平成28年度は前立腺疾患・上下部尿路疾患に対する治療・処置等を行っていました。平成29年度は常勤医師の退職に伴い入院での治療が難しい状況にあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 9 2 1 8 3 0 1 7
大腸癌 4 6 7 8 5 1 1 7
乳癌 0 0 0 0 0 6 1
肺癌 2 2 2 7 0 0 1 7
肝癌 0 0 1 0 0 0 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
病期分類に対して、早期の場合は内視鏡等での切除を行い、また化学療法や終末期管理として、緩和治療も行なっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 19 17.42 52.95
中等症 96 29.45 79.64
重症 16 25.81 83.31
超重症 32 24.44 85.06
不明 - - -
最も多いのは中等症の患者様で、重症度が重くなるにつれ高齢者となる傾向があります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 15 6.73 67.07 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 105 44.02 74.30 11.40
その他 9 49.22 73.22 1.75
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 7.00 67.00 0.00
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
発症3日以内の脳梗塞に対し、点滴にて脳塞栓治療薬投与や高気圧酸素治療などの急性期治療を行っています。また早期リハビリにも積極的に取り組んでいます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 109 0.15 1.28 0.00 65.94
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 28 0.57 2.61 0.00 68.36
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 17 0.00 4.82 0.00 64.29
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) - - - - -
ポリープ切除は、内視鏡検査でポリープが発見された場合、癌化する可能性があるポリープが主に対象で行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 26 0.85 1.69 0.00 68.31
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 18 3.83 5.00 0.00 62.11
K6335 鼠径ヘルニア手術 12 2.50 5.50 0.00 70.58
K681 胆嚢外瘻造設術 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
腹腔鏡下の胆のう摘出術や鼠径ヘルニア手術を主に行っており、癌治療に対し胃切除術・結腸切除術なども行なっております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 17 3.88 42.71 5.88 78.29
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの) - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) - - - - -
頭部外傷の救急が多く、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術を入院当日又は状態に応じて手術を施行しております。他にクリッピング手術等も行なっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 13 0.00 1.00 0.00 57.08
K8152 後部尿道結石摘出術 11 0.00 3.09 0.00 79.91
K821-3 尿道ステント前立腺部尿道拡張術 - - - - -
K8352 陰嚢水腫手術(その他) - - - - -
K840 前立腺被膜下摘出術 - - - - -
体外衝撃波による腎・尿管結石破砕術などが行われていましたが、平成29年度は常勤医不在のため、行われておりません。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.09
異なる 4 0.18
180010 敗血症 同一 14 0.63
異なる 9 0.40
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 2 0.09
異なる 0 0.00
合併症の発生率は、医療の性質上なくすことは出来ませんが、発生を最小限に留められるように医療の質の向上に取り組んでいます。
更新履歴
2017.9.29
病院情報の公表を更新